ボディソープで洗ってはダメ?!

デリケートゾーンはデリケートゾーン用のソープでのページです

デリケートゾーンはボディソープで洗っちゃダメ?!

かぶれやニオイ、痛みの原因になることも!

通常のボディーソープや石鹸で体を洗うと、肌はアルカリ性に傾きます。

アルカリ性になった肌はダメージが受けやすい状態になっています。

デリケートゾーンは、尿や経血によって普段からアルカリ性に触れやすいエリアです。

そのため、アルカリ性に触れているゾーンをさらにアルカリ性で洗うため、肌への負担は大きなものになっていると考えられます。

私たちの肌は、皮膚膜というバリアに守られています。さらに雑菌が増えないように、良い菌(デーデルラインかん菌)が肌には住んでいます。

しかしアルカリ性の石けんで肌を洗うと洗浄能力が高いため、皮膚膜のバリアをはがし、さらに良い菌も殺してしまうケースが多いです。

そうなると、バリアがなくなったむき出しの肌に、守ってくれる良い菌もいない状態になります。

従って雑菌が繁殖しやすく、バリアがない分、肌へ直接攻撃されてしまいます。雑菌が増えれば、ニオイ、かゆみ、痛みの原因につながります。

かゆいと良く洗いたくなります。しかし洗えば洗うほどバリアがなくなりガードしてくれる良い菌も一緒に減ってしまうので悪循環を導きかねません。

通常の石けんやボディーソープで洗い続けると、、、

 

抜け出せない悪循環に巻き込まれることも!

お湯洗いも避けて

お湯ではよごれが残ります。

安心、安全な洗浄方法ですが、お湯だけでデリケートゾーンの汚れは十分に落ちない場合があります。

なぜなら、デリケートゾーンは、汗、尿、排泄物などによって、油、たんぱく質などの汚れを含みます。お湯だけでは落ちにくくなっています。