体調不良やストレスなどによって、免疫力が低下したり、生理前のホルモンバランスが不安定になった時に、雑菌が増殖してしまい、引き起こされる女性器の病気です。

膣内には、常在菌が存在している。

みなさん良くご存知の大腸菌やブドウ球菌など。

健康な時は、デーテルライン乳酸桿菌の助けをかりて、正常に機能している。

体調不良やストレスなどによって、免疫力が低下したり、生理前のホルモンバランスが不安定になった時に、雑菌が増殖してしまい、引き起こされる女性器の病気です。

症状としては、おりものの変化(強いにおいがあったり、量が増えたり、おりものの状態が変わったり、色が普段と違ってくる)、かゆみがあったり、痛みがあったりする。

場合によっては発熱があるときもあるそうです。

治療方法としては、膣剤、抗生物質の服用、抗生物質入りの塗り薬を塗る、膣洗浄などです。