汗のいやな臭いの原因とは

皮膚にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類の汗腺があります。
エクリン汗腺はほとんど臭いがしませんがアポクリン汗腺は独特の臭いがして脇や陰部に多くあります。脇や陰部以外はエクリン汗腺からかいた汗なので、臭いもほとんどありません。
汗をかいた後臭うのは、エクリン腺の汗は、99パ-セント水で塩化ナトリウムやアミノ酸。尿酸があります。汗をかいて常在菌が皮脂角質などのアミノ酸を分解するときに臭いが現れてくるそうです。
普段は常在菌が増殖しなければ臭いも弱いのですが、菌が繁殖する環境が整ったら臭いが起こってきます。皮膚の常在菌の役割は外敵から守る働きですが、汚れがたまったりすると臭いの原因にもなります。
汗の臭いが最も強くなりやすい時間帯は、汗をかいたあと6時間後と言われています。