汗の心配をなくそう

夏になると汗の臭いが気になりますよね。では、汗の臭いを防ぐ方法を3つ書いてみますね。

1つ目は、体を清潔にすることです。

入浴をして体を清潔にするには、石鹸やボディソ-プ選びにも気を配りたいものです。体臭は汗をかいて、皮脂や角質やあかなどの汚れが雑菌を増やしてしまいます。常在菌が増え、皮脂や汚れを分解しょうとした時に臭いが発生しますので、雑菌効果ある商品を選ぶといいです。体臭が発生しやすい脇や足の指などは、念入りに洗いましょう。デリケ-トゾ-ンは専用の洗浄料を使うのをおすすめします。
石鹸や洗浄料が皮膚に残っていないように洗いながしてくださいね。
米酢を少し入れたお風呂に入るのも1つのようです。お酢の成分のクエン酸は雑菌の増殖を抑える効果があります。

2つ目は生活習慣を改善すること

体臭を防ぎやすい食生活とは・・・ビタミンが多く含まれている野菜を取る。緑黄野菜をとるとよい。ビタミンAが汗の臭いを防ぐのに効果がある。大豆製品、納豆や豆乳はイソフラボンを含んでいるので、汗が発生するのを調整してくれます。腸内環境を良くするには、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖が入っている食品を選ぶと良い。
肉料理は控えた方がいいです。
食事以外は、ストレスを溜めない。ストレスや緊張によってエクリン腺が刺激されて汗をかきます。運動不足や冷房のかけっぱなしで、汗をかかなくなっていると汗腺の機能も悪くなるようで、汗がにようそうです。

3つ目は日常の汗対策

お出かけ前には、汗を抑える製品をスプレ-するとか工夫しましょう。レモン汁を脇に付けると、参加を防いでくれるそうです。汗をかいでしまったら、汗拭きシ-トを使って拭きましょう。汗をかいたまま放置しないこと。
後は、洋服に汗がつかないよう工夫するとよいです