口臭の原因とは

みなさん~口臭ってすごく気になりませんか?特に人と接近して話すときなど特に気になると思います。自分の口臭はもちろんのこと他の人の口臭も気になるものですよね。口臭とは、人間か動物の口内及び息から発せられる不快な臭い。口臭は生活習慣や体内の状態が良くなくて発するそうです。
では、口臭の原因を探っていきましょう。
口臭は大きく分けて3つの原因に分けられます。

1つ目は、口の中での病気による口臭

口臭の約9割がこれが原因だそうです。虫歯や歯周病や口内炎などお口の病気です。口内は湿っていて高温なので、食べ物のカスとかがあると菌が増殖してしまい口臭ご発生します。唾液があるので抑えられることはありますが、唾液が少ない空腹の時や起床した時や緊張した時は、口臭が強くなったりします。舌の上の白い苔も口臭が強くなります。

2つ目は、生理的口臭

みなさんはねぎやにんにくを食べた後からお口が臭ってきたということがありませんか?にんにくには腸で吸収された成分が体内全身に回るので臭いを発するそうです。あとはアルコールを飲んだ後などお酒臭というのはありませんか?アルコールを飲んでる本人はさほど臭ってなくても、周りは臭いがわかったりしますよね。忘年会シーズンの遅い電車に乗ると、すごくお酒臭かったりしたことはありませんか?それから、タバコも口臭の原因にもなります。

3つ目は、先に上げた2つの原因意外で起こる口臭、体の病気などによる口臭

胃炎や胃拡張でも口臭が一時的に強くなったりしますのは、経験したことがあると思います。
糖尿病や腎不全や肝臓病など、内臓の病気によっても口臭が発生します。